外国人雇用コンサルティング

人手不足の深刻化

厚生労働省が2019年2月1日に発表した2018年平均の有効求人倍率は前年比0.11ポイント上昇の1.61倍で、1973年に次ぐ過去2番目の高水準となりました。 そのため、特に中小企業を中心に人手不足が深刻になっているため、政府が外国人受け入れ政策を「大転換」することが明らかになりました。


そこで政府は
新制度
これまで単純労働とされる分野での外国人就労は禁止されてきたが、新たな在留資格を創設して、そうした分野でも労働者として正式に受け入れることになりました。

業種別受けれ入れ見込み数

  • 2019年 ビルクリーニング7,000人 農業7,300人 飲食料品製造業6,800人
  • 2019~2023年度(5年間)介護業60,000人 建築業40,000人 外食業53,000人
外国人雇用コンサルティングサービス 弊社は外国人を積極的に雇用したいという企業へ継続的にサポートをします。人手不足の問題が非常に大きくなってきている問題の解決策の一つとして、外国人の雇用を検討してみませんか? まずはお気軽にお問い合わせください 外国人雇用コンサルティングサービス 弊社は外国人を積極的に雇用したいという企業へ継続的にサポートをします。人手不足の問題が非常に大きくなってきている問題の解決策の一つとして、外国人の雇用を検討してみませんか? まずはお気軽にお問い合わせください

お申込み・お問い合わせはこちら