Image

社会保険料削減

社会保険料適正化

社会保険料は、会社と個人含めると給与の3割支払っています。
そのため、この制度に従うと年収がいくら増えても手取りがなかなか増えない現状があります。

ほとんどの社長が税金対策はしていますが、社会保険料対策はしていません。

弊社のサービスを利用することにより、 社会保険料が劇的に下がり、手取りが増えます。

(例)月額100万円の社長の場合
・会社負担額が年間約70万円下がる
・本人負担額が年間約70万円下がる
合計140万円下がる!

どれくらい社会保険料が安くなるか 無料診断を行なっております。

まずはこちらのメール無料相談へ

年金支給停止解除

60歳以上の役員は、毎月の役員報酬が高額なことが多いため、老齢厚生年金が全額支給停止になっていることがほとんどです。

在職老齢年金の支給停止された年金は、繰り越されるものではなく、その時に受給しなければ二度と戻ることはなく、損をしていることになります。

社会保険料の適正化を行うことにより、総報酬月額相当額(老齢年金を計算する上での報酬の月額)が大幅にさがることにより、支給停止になっていた年金を満額受給することができます。